マンガ流産のベイビーライオン>流産Q&A

**  流産Q&A 項目  **

1流産の原因 6生理再開の時期
2流産防止対策 7流産後の出血・腹痛
3不育症原因 8流産種類
4流産の兆候 9手術について
5妊娠解禁の時期 10流産と保険

流産の不安や疑問や妊娠初期の不安ならなんでご質問ください!Q&A掲示板へ


Q.流産した原因は何なのでしょうか?

A.流産の原因としては以下のようなことが考えられます。
@胎児側の染色体の異常(
染色体異常の流産の原因をもっと詳しく
A母体側の影響による、感染症
B母体側の影響による、子宮の異常(子宮頸管無力症、子宮奇形、子宮筋腫など)、卵子の異常
C母体側の影響による、黄体機能不全、高プロラクチン血症
D母体側の影響による、内分泌疾患
E母体側の影響による、卵巣機能の異常
F母体側の影響による、自己免疫疾患
G母体側の影響による、染色体異常
H夫側の影響による、染色体異常、精子の異常
I夫婦間の影響による、免疫異常(HLA適合性)
J夫婦間の影響による、血液型不適合
K多胎妊娠
L精神的ストレス、肉体的疲労も流産の原因の一つとして考えられます。
M嗜好品−−−タバコ、アルコール、カフェインも流産の原因となりえます。

ただし、初期の流産の原因の大半は@の胎児側の染色体異常によるものと言われています。

*そこで、“染色体異常による流産”はどのくらいの確率で起こるのか!?についてご説明します。何よりもまず、流産された全ての方にこの図を見ていただきたいです!
妊娠の仕組み図
妊娠はまさに“ 奇跡 ”なんです!〜妊娠が成立する仕組み〜
@卵巣から卵子が飛び出し卵管に取り込まれます。
A膣内に射精された“2〜3億個!の”精子は子宮内を上昇。 この時点で卵管に到着できる精子は“たった6万個!” さらに卵管部の先端で待つ卵子に求愛できる精子はたったの“100個”にまで 減ります。
Bその難関を勝ち抜いた1匹の精子のみが卵子に侵入し結合〜。これが受精の成立となります。
CBで受精したものが受精卵となり、これは分裂を繰り返しながら子宮へと運ばれます。 子宮内膜に潜り込み“ 子宮のベット ”にうまく落ち着いた時点で着床(妊娠成立)となるのです。

■■着床成立の割合と着床後の流産■■
・子宮内膜に着床できる受精卵の割合 → 全体の2/3
・着床しても母親が気づかないうち流産してしまう(化学流産と呼ぶ)割合 → 全体の2/3
・その後更に流産する割合 → 15%

上記の要因により、全体の流産や早産のうち染色体異常が原因で起こる割合は妊娠初期53%、中期36%、死産5%となります。

何を言いたいのかといいますと、流産や死産の原因のほとんどが“染色体異常”によるものだということなのです。

「流産は私のせいだ・・・!」

とご自分を責めないでください。。 流産の原因の大半は赤ちゃん自身が受精、受胎した段階で育つ力が弱く、 どうしても育つことができない赤ちゃんだったのです。

昔からよく言われていたように、

■重たいものを持った(持ち上げた)から とか、
■乗り物に乗ったから とか、
■遠出したから とか、
■体を動かしすぎたから とか、
■安静にしていなかったから とか、
■仕事を続けていたから とか、
■ストレスが溜まっていたから とか、
・・・・・
とにかくそういった要因が初期の染色体異常による流産に結びつくのではほぼ無いことを知ってほしいのです。 「私がああしたから流産したんだ・・・」とご自分を責めなくてもいいんですよ(*^-^*) 赤ちゃんはすごい確率でお母さんのお腹に命を宿し、生まれないことを知っていながらもお母さんに何かを伝えたくてやって来たのです。 赤ちゃんの自らの意志でそうしたのであって、決してお母さんのせいではないのです。

→ 染色体異常による流産の原因とその防止策 コチラ

Q.もう2度と流産を繰り返したくありません。何か自分でできる対策はありますか?

A.あります!食や生活習慣改善とサプリや健康食品の力を借りて私は流産予防対策に取り組みました!

私も2000年に初めての妊娠で流産を経験しています。今思えば若さゆえ、自分の体に無関心過ぎたことが 流産の原因を引き起こしてしまったと当時とても反省しました。そこから少しずつ意識改革を重ね体質改善に取り組み、2度と流産をくり返すことなく、 無事に出産にまで至りました。

良いと思うのもは納得いくまで自分で試して来ました。 その中で本当に良いと思ったものだけをみなさまに紹介すべく別のページにまとめてみました。

流産予防情報

Q.流産を繰り返してしまいます。原因は何が考えられますか?検査は必要でしょうか?

A.3度以上連続して流産した場合は不育症の 検査が必要だと専門医は判断する場合が多いようです。

不育症の原因と考えられるもの
・子宮異常・・子宮奇形、子宮筋腫、頚管無力症、子宮腔癒着症など
・内分泌異常・・高プロラクチン血症、甲状腺機能異常、糖尿病
・免疫学的原因・・抗リン脂質抗体症候群、自己免疫疾患、同種免疫異常
・夫婦染色体異常
・感染症
・血液凝固異常など

→不育症に関する体験談コチラ

Q.流産の兆候として考えらる症状をおしえてください。

A.お腹の張りや痛み、出血などが考えられますが、全く症状の無い場合もあります。
■出血(色:鮮血、塊が出る。期間:短い場合もあればダラダラと続く場合も)
■腹痛・お腹が頻繁に張る。(下腹がつっぱられるような痛み。けいれん痛。生理痛のような痛み。陣痛のような痛みなど)
■腰痛
■高温だった基礎体温が急に低温になる
■つわりが無い、または重過ぎるつわり
■特に目立った症状が無い場合も
※ただし、妊娠初期〜中期の初めにかけては流産ではなくとも出血する方も多く、 出血=流産ではないケースも多々あります。わたし自身も妊娠のたびに初期から2週間〜1ヶ月近くおりものに混ざった 茶褐色の出血が続き、初期の頃はずっと腰痛がありましたが無事に出産に至りました。
→流産の兆候に関する体験談集はコチラ

Q.流産後はどのくらいの期間を空けて子作りしていいですか?

A.子宮の回復によって判断は様々ですが、生理1〜3回見送ってからというのが一番多いようです。

当サイトで行った『流産後の妊娠解禁時期』に関するアンケート結果は以下の通りです。
1位 生理1回見送ってから・・・173票
2位 生理2回見送ってから・・・158票
3位 生理3回見送ってから・・・116票

その他、『すぐにOKと言われた』というのも37票ありました。

→流産後は妊娠しやすい?流産しやすい?についての体験談はコチラ!

Q.流産後の生理再開はいつぐらいからでしょうか?

A.幣サイトアンケート結果によると、3〜6週間以内に再開したという方が多いようです。 →流産後の生理について詳しくはコチラ!

Q.流産後に出血が続いています。腹痛もあります。みなさんこういう症状があるでしょうか?

A.同じようなお悩みが多数寄せられています。流産後は子宮が回復している途中なので 普段では感じられない不快な症状も起こるようです。大事なお身体ですので、続くようなら病院で受診されることをおススメいたします。

アンケートに見る、流産後の体調の変化には以下のような回答が寄せられていました。
・特に変化なし
・出血がダラダラ続く
・太った
・腹痛がある
・生理痛がひどい
・逆に生理痛が軽くなった
・少し体がだるい
・基礎体温が安定しない
・無排卵月経に
・不眠とうつ症状に
・貧血気味

さらに詳しい『流産後の体調の変化』に関するアンケート結果は →コチラ

→流産後の体調(出血や腹痛など)について詳しくはコチラ!

Q.流産の種類とその特徴を教えてください。

A.流産の種類を下に書きますね。

自然流産・・・人工的操作により誘発した流産を「人工流産」というのに対し、自然に起こった流産のことを言う
切迫流産・・・流産の兆候はあるものの胎児の心拍は確認でき流産を食い止められる状態
進行流産・・・食い止めることができなくなった流産が進行した状態
稽留流産・・・すでに胎芽もしくは胎児が子宮内で死んでしまっていて外に排出されず中に残っている状態
不全(不完全)流産・・・流産後も胎児と胎盤が一部子宮内に残っている状態
完全流産・・・上記の「不全流産」に対し、子宮内のものが全て出てしまった状態
化学流産・・・生化学的に妊娠の成立をみた(hCGが検出された。たとえば尿中hCG測定で50U/l反応陽性)と診断されるが、超音波断層法により胎嚢などの妊娠に特有な所見が確認されず、しかも腹痛や子宮口開大などの流産徴候を伴うことなく月経様の出血をみた場合を呼ぶ。
死産・・・胎児が子宮外での生活能力を獲得する時期に達してから、死んだ胎児が娩出される場合を示す。分娩直前あるいは分娩中において胎児が死亡した場合も死産に含まれる。日本産科婦人科学会の定義では「妊娠22週以降の妊娠中絶による死亡胎児の出産」と定義されている。

Q.掻爬手術は必ずしも必要ですか?

A.流産の種類や進行度合い、子宮の内部の状態によって必要である場合と 必ずしもそうで無い場合があります。

流産の手術について詳しくはコチラ

Q.流産手術の場合、医療保険はおりますか?

A.おります。支払われる保険金は保険会社によって支払金額は異なります。 各契約会社にお問合せいただくことをオススメいたします。なお、保険会社に提出するための「診断書」の作成に5000円ほどかかります。(これも病院によって異なります)。

※当サイトのゲストのみなさんから寄せられた体験談を元に、流産手術等にかかった費用の例をあげてみました。 流産でかかった費用:1万円〜2万5千円(←10年近く前の情報なので今はもっと高いかも・・・?)

流産の手術について詳しくはコチラ

さらに詳しく流産について色々知りたい!という方はぜひコチラをご覧ください。
みなさまから寄せられた体験談集をカテゴリ別にまとめました →流産まるわかり!体験談集

流産の不安や疑問や妊娠初期の不安ならなんでご質問ください!Q&A掲示板へ


私の流産予防法
私流!流産しない体づくり
流産体験談集
みなさまの投稿より
流産Q&A
疑問を解消♪
心のケアコンテンツ
精神面の回復を願って〜
アンケート
流産に関する色々
ブログ
妊娠力up情報たくさん!



** 当サイトで作成した、スライドショーです。(You tubeで閲覧可)**

コンテンツ

流産関連
私の流産予防法
私の流産・妊娠日記マンガ
流産Q&A
体験談集
流産アンケート
食と流産
冷え性と流産
私とマカ
私と葉酸
私とルイボスティー
私とザクロ
私的、サプリランキング
マカQ&A
マカの通販比較
サプリ等サンプル情報
交流用掲示板
流産Q&A用掲示板
心のケア
勇気のことば
スライドショー
天使のメッセージ
にゃんこのつぶやき
心に響くおすすめ本
妊娠・出産・育児
4こまマンガ
ママポエム
手作り絵本
出産準備品
ママにおススメの本
妊娠報告用掲示板
その他
ブログ
自己紹介
サイトマップ
リンク
メール

要チェック!

**私の感想つきで本をご紹介**

おススメ本」…流産後の心の癒しにピッタリ!の本
矢印流産関連の本コチラ
矢印妊娠力UP本コチラ
矢印ママにおすすめの本

人気の本です。

ベイビーライオンスマホ版へどうぞ


妊活女性にお役立ち。サプリのお試し情報や排卵日チェックサイトのご紹介など。